Muchonovski always get it wrong

なにが なんとも。どれが どうでも。

最近買ったCD

  • Airto / Homeless
  • Amaranto / Brasilero
  • Billy Cobham / By Design フュー色つおいな
  • Brand X / Trilogy 聞いてる間は興奮、終わって3秒で忘れる
  • Caetano Veloso / Circulado Vivo
  • Chico Science & Nacao Zumbi / Afrociberdelia 声がよい
  • Don Caballero / 2
  • Don Caballero / What Burns Never Returns
  • Edu Lobo / Corrupiao いつも通りだなあ
  • Eduardo Gudin / Baiaozinho まだまだねじれてます
  • Fania All-Stars / Live at the Cheetah vol.1
  • Flairck / The Emigrant 巧すぎてワールド臭出てるのがちょっと
  • Flairck / Alive
  • Hector Lavoe / Comedia 黎明期サルサ・ウィズ・ストリングス
  • Hugo Fattoruso y Rey Tambor / Emotivo 「Hugo w/〜」ものでは出色!
  • Irakere / Irakere 出入り前の組事務所のような殺気
  • Jorge Drexler / Frontera とにかくウルグアイっぽい
  • Marcos Valle / Escape 2000年代に入ってもモテそうな音を出す
  • McCoy Tyner / Fly with the Wind すばらし
  • Nara Leao / Os Meus Amigos Sao Um Barato
  • Nicolas Folmer / I comme Icare ドラムがセカレリ
  • Paquito D'Rivera / Blowin'
  • Paul Horn / The Altitude of the Sun プログレ期ジスモンチの裏盤
  • Pepeu Gomes / Masculino e Feminino 元Novos Baianos 脳溶け80年代歌謡
  • Perfume / GAME カプセルっぽくなった
  • Rush / Exit... Stage Left
  • Toninho Horta / Diamond Land
  • Toninho Horta / Moonstone

半分ぐらい「積ん聴く」になっちゃったゆ。

マッコイ・タイナーの"Fly with the Wind"は、デオダートみたいなヌルいオケ入りクロスオーバーだったらヤダなあと思ってたら、音圧と音数に卒倒。全員が全員「これでもか」状態の中でも、断トツで悪目立ちしてるコブハム先生のσ(゚∀゚)オレオレぶりが素晴らしい。キメフレーズのバスドラの「で・で・でん」だけで笑える。何でも発売当時はジャズ喫茶でバカみたいにかかってた人気盤だそうで(しりませんでした)。