Muchonovski always get it wrong

なにが なんとも。どれが どうでも。

music

台湾花火的日本語が好きな再発レーベル

以前も書いたpromising musicのMPS再発シリーズが3/3に出ますが、左肩のオビ部分にあいかわらずヘンなカタカナが…。Virtueアーティスト: Alphonse Mouzon出版社/メーカー: Mps発売日: 2012/08/30メディア: CD購入: 1人 この商品を含むブログ (1件) を見る ア…

Brian Blade Fellowship Band @ Cotton Club

ブライアン先生、1曲目のCrooked Creak(ソロ2ndのキラーチューン、スムーズな5拍子展開)から全開でした。スティック、マレット、ブラシそれぞれの頭と尻、さらには手やら肘やらまで全てが「叩くもの」で、ドラムセット近辺にある物体全てが「叩かれるもの…

最近買ったCD

Voivod / The Outer Limits (1993) 当初は(テンポが)速い・(曲が)安い・(そこそこ)巧いの三拍子揃った普通のスラッシュだったのに、ギターのピギーさんのプログレ好きが昂じて変なテンションコードと変拍子をどんどん盛り込んでったら、いつの間にか「…

もろもろ

KJRと一緒にid:yunegoroの引っ越しを手伝ってから、mayakovに誘われて夢の島公園のたまたまWORLD HAPPINESSの出音が聞こえる位置で(←ここ重要)ピクニックを敢行、いろいろな人と交流しました。だらだらお酒飲みながら「自己管理できてない人についての話は…

最近買ったCD

Alphonse Mouzon / Mind Transplant むーざん むーざん。プログレ的にはPatrick Morazの「Story of I」のドラマーの人ですに。コブハム『Spectrum』と同系統の、ドラマー主導叩きまくりクロスオーバー。トミー・墓林のせいで結構ハードロック感あり。 Amaran…

最近買ったCD

Airto / Homeless Amaranto / Brasilero Billy Cobham / By Design フュー色つおいな Brand X / Trilogy 聞いてる間は興奮、終わって3秒で忘れる Caetano Veloso / Circulado Vivo Chico Science & Nacao Zumbi / Afrociberdelia 声がよい Don Caballero / 2…

ケンイチ・ナニワーノ先生が凄い!

This HeatとAreaとEdward ArtemievとIvo PapasovとKomedaとIrakereとNovos Baianosが全部一緒くたにレビューされてるサイトが存在して驚いた。しかも文章が超おもろいの。たとえば狂気のメタルフレヴォ野郎、Robeltinho de Recifeのレビュー。 ややもすると…

RapidShareのCaptcha認証がやたら難しい

ちょっとゴニョゴニョ系の音源ファイルがうpされがちな無料/有料アップローダのRapidShareさん。無料ユーザーへの提供サービスがかなりケチくさく、今は「1回ダウンロードすると次のダウンロードセッションまで1時間30分の使用制限を設定」「ダウンロードリ…

マルコスくん、公園で営業

モモニャが娘(とアッコちゃんとKJR)を連れて遊びにきたので、海南鶏飯やらパンナコッタやら作ってガブガブたべさせる。シコ・サイエンス/ナスォン・ズンビとかエリス・レジーナとかかけてるうちに、マルコスが来日中っつーことを思い出す。「モモニャ、そ…

George Duke "Faces in Reflection" ほか

Faces in Reflection (Mlps)アーティスト: George Duke出版社/メーカー: Mps発売日: 2012/08/30メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見る マイ音楽的お師匠さんの1人であるところのStudiotanさんに再発情報を教えてもらった、George DukeのMPS時代のア…

プログレ+メタル豪華客船の旅『Melloboat 2008』

一体どこの誰が思いついてこんな企画が実現したのかわかりませんが、ストックホルムとヘルシンキを結ぶ豪華客船にプログレッシャーやらメタラーやらを満載し、北欧のそっち系バンド達が船内ライブをぶっ通しでやり続けるという、何ともイヤげなクルージング…

La Banda Hermética

数ヶ月前にDimeadozenで"Banda Hermética"というユニットのブエノスアイレス公演の音源が流れておりまして。んでとりあえずダウンロードしたまま放置してたんですが(ありがち)、最近FLACからAACに変換してiPodで聴けるようにしたところ、中身はHermetoの一…

Raul De Souza / À Vontade Mesmo

Raul De Souzaはリオ出身で、後に米国ジャズシーンで活躍するトロンボーン奏者で、最初にHermeto Pascoalの"Slave's Mass"で彼の演奏を聞いたときに結構衝撃を受けました。技術的に安定してるうえに、表現力がすごいのですね。その後のソロ作でもいい感じに…

Faust / Ravvivando

たまに聞くとすごくかっこいい。

Trindade

ずっと以前に某氏からHermeto Pascoal関連のレアトラックとしてMP3形式で頂戴していたものの、曲タイトル以外は一切情報がなく、個人的に長らく未解明の謎曲だった"Agreste"というインスト・メドレー曲がありまして。通常Grupoとは印象の異なるドラム入りチ…